MENU

徹底した品質管理で乳製品加工の価値を最大化

安定した正確な分析で、荷受け時の品質レベルを目標付近で標準化

Produzione di latte per il consumo

 

ミルクと言えば無調整かスキムミルクしかない時代がありました。 現在の消費者向けミルクの活用範囲は無限大に広がっています。 伝統的な乳製品に加え、植物由来の代替品も様々な形で登場してきたことで、乳とは何かの定義そのものに疑問が生まれ、生鮮食品としての乳の従来の提供方法にも変化が求められています。

 

製品が何であるかに関わらず、消費者や電子商取引バイヤーは、生産者、加工方法、安全対策、栄養やアレルギーという面から見た健康への影響、さらには生産方法の持続可能性に関する情報を求めています。

 

同時に、消費者向け乳加工品に関する従来の懸念も残されています。 例えば、不安定な供給、価格、賞味期限、厳しい利益率などが挙げられます。

情報は付加価値

 

 

Consumer milk process line

受入乳

脂肪とタンパク質の含有量を標準化することで、安定した製品の供給と利益の最大化が実現します。 最適な保存期間のために衛生的品質をその場でチェックし、ミルク供給の偶発的または意図的な不純物混入をスクリーニングをします。

最終製品

植物由来の製品と乳製品が同じ工場で製造されている場合、出荷前に完成品をチェックすることで、確実なアレルゲン管理ができます。

安定した正確な分析で、荷受け時の品質レベルを目標付近で標準化

 

小さな調整、大きな影響:ミルクの標準化は、乳加工を最大限に活用する際に実証されている技術です。 消費者向け乳製品の生産では、脂肪とタンパク質の含有量が主なパラメータとなり、供給のばらつきに対応するためのスピードと正確さが重要な鍵となります。

 

結果が得られる時間が速いほど、突然の成分の変化に素早く対応できるようになり、結果の精度が高いほど、目標値に近い調整が可能になります。

 

例えば、脂肪含有量が最小 3.5% の全乳の生産では、一般的に牛乳の脂肪含有量は 3.8% のため、脂肪分の標準化が必要です。 スキムミルクとセパレーター後のクリームの脂肪分について知っておくことで、クリームをスキムラインにブレンドして正確に 3.5% の脂肪含有量に到達するという標準化が可能です。

 

この標準化は、指定された法的制限に沿って成分をラインに供給するのみでなく、高額で販売可能かもしれない貴重な成分を廃棄するようなことがないようにします。

 

3,5%

 

 

一般的に牛乳の脂肪分は 3.8% であるのに対して、全乳は最小 3.5% の脂肪分が求められています。 適切な分析ツールを使用することで、消費者向けミルク規制に正確に順守しながら、貴重な乳脂肪を他の製品に使用することができます。

 

標準化に関する詳細

信頼性の高い標準化には、高い分析精度が不可欠です。 これは、フーリエ変換赤外分光 (FTIR) と呼ばれる技術を採用した分析ソリューションで実現します。

 

MilkoScan™ FT120 や MilkoScan™ FT1 などのソリューションは、何十年もの間、乳の標準化のための貴重な分析データを乳製品メーカーに提供してきました。 ただし、機器のパフォーマンスを定期的にチェックするには、いくつかの手動操作が必要です。これは、複数のサイトで使用する機器の数が増加している現代の組織にとって特に不便です。

 

MilkoScan™ FT3 分析装置を導入すれば、常に最高のパフォーマンスを維持できるため、乳の標準化による利益率向上に役立ちます。 特許取得済みの自動性能チェックおよび調整機能により、機器のドリフトや機器間の結果のばらつきがなくなります。 時間のかかる標準化チェックやコストのかかるリファレンス分析は必要ありません。

 

また、一貫した性能により、複数サイトでの機器結果の検証を完全に透明化することができます。 つまり、小さなマージンが大きく影響する乳の標準化に完璧なツールです。

 

詳細はこちら

保存期間を最大限に延ばす衛生的品質

 

別のタンカーが到着しました。その衛生的品質はどうだろうか?賞味期限の計画に影響を及ぼさないか?

 

最近まで、生乳の衛生的品質チェックは、時間のかかる方法しかなかったため非常に難しい作業でした。 そのため、大量の生乳がチェックされないまま荷受けされ、保存期間などにマイナスの影響を与えるリスクが伴いました。

 

高度な分析技術により、数分で生乳のテストが実施できるようになり、配送トラックから受け渡され、他の生乳と混合される前に結果を得ることができることについて詳しくご覧ください。

Müller Milk & Ingredients のシニア技術マネージャが迅速な生乳衛生検査の 価値を説明しています。

既存の管理の一環として、不純物のスクリーニング

生乳の搬入によって、サプライチェーン内で偶発的または意図的な汚染が起こる可能性があります。 この問題は乳業において深刻です。最も確立された乳の輸送・処理システムでさえ、偶発的な汚染が生じる可能性があります。例えば、タンカーの洗浄に使用される洗浄液の混入です。

 

スマートな予防策には、乳の標準化に使用するのと同じ分析装置を採用することです。荷受け時に同時に不純物の混入をチェックできます。

 

強力な FTIR 技術を採用している MilkoScanTM FT3 は、業界で最も正確で最も広い範囲の不純物スクリーニング機能を提供します。 通常の品質管理検査を行っている間に、意図的または偶発的な不純物チェックが行えます。

 

意図的または意図的でない乳の混入物は、現代の乳製品製造現場で日常的に起こる事実です。 異常乳スクリーニングモデルを用いて、成分分析と同時に生乳の不純物混入を確認することができます。

 

生乳不純物スクリーニングの基本に関するビデオを見る

 

 

詳細はこちら

完成品の効率的な分析

 

生産の重要な最終段階で分析することにより、法的責任や潜在的に損害となる製品リコールを抑えることができます。 そればかりか、製品が仕様に適合しているという安心感を得ることができます。

この試験の大部分は、FTIRを用いた迅速なルーチン分析で実施できますが、特定の最終製品基準への準拠を検証するために、認証された化学分析法もしばしば必要とされます。 化学分析については、迅速かつ安全で、化学薬品の使用を最小限に抑えるための自動化を目指したソリューションを幅広く取り揃えています。

業界別専用ソリューション

 

すべてのFOSSソリューションは、信頼できるテクノロジーと最先端の接続機能を兼ね備えています。 この完全なソリューションにより、安定した高い分析パフォーマンスを実現し、最大の投資収益率と比類のないサービスとサポートを実現します。

ネットワーク図


日常業務に寄り添う

 

当社の統合された遠隔操作によるサポートと最適化サービスは、お客様が世界のどこにいても、すべてのFOSSソリューションから最大限の価値を引き出すことを可能にします。 現場でのメンテナンスのみでなく、当社のサービスエンジニアとアプリケーションスペシャリストはオンラインで常にあなたを見守ります。 パフォーマンス状況を監視し、接続された分析業務が円滑に行われるようにします。 当社の予防メンテナンスは、データのアップタイムと品質を毎日保証します。 詳しくはこちら

30秒で不純物のスクリーニングについての価値をご覧いただけます。

お客様の製造工程における利益と品質向上の可能性について、弊社担当者にぜひご相談ください。 ご相談ください