MENU

FOSSが選ばれる理由

Digitalisation

価値あるデータを活かすために私たちができること

データベースは日々増加し、作業手順はグローバル化しつつあります。
最適化が求められるなか、熟練の食品/農業生産者でさえ、原材料からより多くの利益を獲得という課題に直面しながら製品品質の改善に努めています。
生産バリューチェーンでは、測定機器から多くのデータベースを生成することができますが、情報バリューチェーンでは必ずしもそれが構造化されていないのが現実です。

フォスでは、信頼性ある処理能力の高い情報管理により、天然資源の無駄を省き知識や情報を蓄積することができます。測定を超えたさらなる価値を提供いたします。

 
Data harvest

データ収集により得られるメリットとは

原材料から完成品に至るまでの過程では得るものもあれば同時に失うものもあります。自然災害により大きな損害になることも考えられます。しかし、データ収集においては何かを失ってしまう危険性はありません。デジタル化の推進において、自動化を導入し品質の一貫性を可能にし、オペレーションコストの削減、人的ミスを防ぎ作業効率の改善を実現いたします。
例えば、あるパン製造業者では1日当たり18万ポンドの生産を増加させたことで生産量を倍増することに成功しました。この増加は、接続された11台の機器の履歴データとリアルタイムデータへのリモートアクセスによるものです。フォスの機器は一覧表示機能により全体のデータを一目で確認することができます。その結果、市場に出るまでの時間短縮や資産運用の改善、ランニングコストの削減、業務効率化を実現しました。

高品質な食品/農産物を作るために不可欠なものとは

急成長を遂げた食品生産者および農産物生産者のほとんどはデータ駆動式の生産ラインを導入しています。これは日々の業務の効率化を図るだけでなく、革新的な方法で生産に大きな影響を与えます。
自動化は自動化でも、生産ライン上で生成されるデータベースをどれだけ合理的に使用するかが重要なポイントとなります。そのため、優れたプログラミングによる正確なリアルタイムの測定値が不可欠になってきます。
単なる分析ではなく解析への移行により、主要プロセスを個々ではなくセンターで集中管理することが可能になりました。
フォスでは今後も食品の品質管理において、新しい基準と顧客満足度向上にむけ一切妥協することなく常に進化し続ける機器開発に努めてまいります。

トップレベルの食品/農産物はFOSSのソリューションから生まれています

フォスでは、原材料から最終製品まであらゆるシーンでご活用いただける装置を開発し提供しております。過去60年間にわたり、食品および農業業界向けの分析ソリューションの標準を定義するビジネスを展開してまいりました。1960年代の困難な生産環境の高度な分析の先駆けとなり、生産ラインに化学組成分析を初めて統合しました。この決意と大望により、フォスはケモメトリックスとリアルタイム分析の分野における国際的なベンチマークともなりました。
フォス独特の数学的アルゴリズムは、国内外を問わず企業間において、生産ラインに接続された機器のネットワークを常に適正な状態に保ちます。フォスは長年蓄積してきた世界中のデータベースとその管理における知識と経験により、大規模生産における多額の収益向上の実現に貢献します。
 
back to top icon
The content is hosted on YouTube.com (Third Party). By showing the content you accept the use of Marketing Cookies on Fossanalytics.com. You can change the settings anytime. To learn more, visit our Cookie Policy.