MENU

生乳取引の分析により品質が継続的に改善

消費者と食品の安全性に対する関心が高まっており、生乳の取引はトレーサビリティと規制をサポートするための完璧なソリューションとなっています。

Milk payment

牛乳の生産量と需要は、ここ数十年で急激に増加しています。それに応じて、酪農場は少なくなっていますが、大規模化しています。運用コストと生産性は重視されていますが、動物福祉、抗生物質の使用、有機農法に対する消費者の関心にも応える必要があります。とりわけ、持続可能性は業界と消費者の両方にとって最優先事項です。

酪農家にとって、生産性と品質、そして適正な酪農経営を両立させることは大変なことです。脂肪やタンパク質(およびカゼイン)などのパラメータの組成品質に一貫性がない場合、乳製品の生産が損なわれる可能性があります。衛生状態が悪いと、貯蔵寿命に影響を与える可能性があります。偶発的または意図的な異物混入は、食品の安全性を脅かす可能性があります。

合理化され自動化された生乳取引の分析は、業界が品質基準を維持し、酪農家が生乳供給の生産性と持続可能性を継続的に改善していく上で、これまで以上に重要です。

細菌数測定による衛生レベルの向上

 

 

細菌数の多い乳は、乳製品、特にバターのような製品の生産用原材料として望ましくありません。低温殺菌は大部分の細菌を死滅させますが、それらの代謝産物は異臭を引き起こす場合があり味を悪くさせ、酵素が継続的に活性化されるため、製品の欠陥と貯蔵寿命の低下をもたらします 従って、ほとんどの生乳の取引制度では細菌数のレベルに基づいて乳を格付けします。

従来の生菌数測定法では、結果を生乳生産者と加工業者に報告する前に少なくとも 2日間の培養期間が必要です。衛生上の問題が何日も検出されない場合、是正措置がより困難になり、生産損失が必要以上に大きくなるおそれがあります。

9分以内に結果が出る承認済みの迅速なBactoScan™ FC+法を導入することで、農家はサンプルを採取したその日のうちに衛生違反の可能性について通知を受けることができます。このような迅速なフィードバックにより、酪農家は、漏れ、搾乳システムの不十分な洗浄または冷却、または乳牛群の健康上の問題を是正することができます。このメソッドには、比較参照データとその他の機器性能チェックが含まれます。詳しくはこちら

分析操作の統合部分としての混濁スクリーニング

 

 

非常に稀なケースですが、サプライチェーン内の生乳が偶発的または意図的に汚染される可能性があります。しかし、問題は発展途上の牛乳産業でより大きくなりますが、最も確立された酪農および配送システムでさえ、偶発的な汚染に苦しむ可能性があります。例えば、搾乳および搾乳装置の洗浄に使用される洗浄液や、牛の飼料を汚染する物質は、最終的に生乳に混入する可能性があります。

生乳の分析に使用するのと同じ分析装置で、同時に不純物の混入の可能性をチェックすることができるのは、賢い防御策といえるでしょう。

強力な FTIRテクノロジーにより開発された MilkoScan™ 7 RM は、業界で最も正確で最も広い範囲の不純物スクリーニング機能を提供します。通常の品質管理試験を行いながら、故意または偶発的な混入がないかを確認することができます。

効率的な運用で生産性を向上させながら、コストを節約

FOSSの卓越した分析技術は、高い安定性と精度を持つ分析装置から始まり、装置のメンテナンスと検量線に至るまで、あらゆる面に及んでいます。

標準化された機器、運用ソフトウェア、包括的な分析モデル

測分析装置は、装置ごとに、また時間が経過しても同じように測定できるように標準化されています。セルフクリーニングピペットなどの設計機能により、測定が困難な試料でも迅速かつ効率的に測定することができます。

実績のある分析装置を補完する、ネットワークと運用ソフトウェアにより、分析装置の管理が容易になります。例えば、自動サンプルトレースによりハンドリングエラーを回避し、当社の推奨する予防的メンテナンスにより機器の最適なパフォーマンスを維持します。

FOSS の分析装置は、生乳検査分野での数十年にわたる活動で構築された独自の包括的なFOSSデータベースに基づくグローバル分析モデルが付属しています。非常に堅牢な分析モデルを開発して、品種、給餌、季節、地域などの測定の多くの側面をカバーすることができます。これにより、さまざまな試験の要求を満たすために必要な分析モデルの数を減らすことができます。分析モデルは 1 つの機器から他の機器に簡単に転送でき、標準化により同一の測定値が得られます。

分析モデル管理のためのネットワーキングソフトウェア

 
FOSSソリューションの接続機能とサポートするネットワーキングソフトウェアにより、分析操作の管理が簡単で費用効果が高くなります。たとえば、分析モデルの更新をマスター機器にインストールしてから、マウスボタンをクリックするだけで、さまざまな場所にあるすべての機器で共有できます。このようなアプローチにより、管理者は装置をリモートで監視および管理できます。また、オペレータも特定の知識やトレーニングが必要ないため、簡単にサンプル測定を実行できます。詳しくはこちら


FossManager 設定

 

 

詳しくはこちら

RMT業界標準を設定

 

 

業界標準を設定

 

FOSS の生乳取引用ソリューションは、国際的な業界標準に独自のレベルで準拠しています。

cows

脂肪酸プロファイル試験から得られる貴重な知見

生乳の脂肪酸組成(すなわち、脂肪酸プロファイル)を知ることは、乳製品の品質の向上、乳処理の最適化、および/または給餌と管理の改善による乳牛のパフォーマンスの最適化を目指す乳加工業者および乳生産者にとって貴重な情報です。 


最近の研究では、高処理能力を備えたFTIR生乳分析装置用のグローバル脂肪酸モデルの開発と、乳業におけるそのようなモデルの実用化の可能性についての記述がなされています。

 

著者の一人による説明と、この Q & Aから知見を得てください。 

 
本質を理解する

効率的な生乳取引分析の価値を探る

弊社の専門家にお気軽にご相談ください。最新の分析技術が生乳の取引サービスを改善する方法をご確認いただけます。 ご相談ください
Fossomatic 7

Fossomatic™ 7 / 7 DC

1時間あたり600サンプルまで。

2種類のモデルをご利用いただけます。正確な体細胞測定用Fossomatic™ 7および種別体細胞測定機能を搭載した体細胞測定用Fossomatic™ 7 DCモデル。 ISO / IDF規格に準拠し、FDA / NCIMSおよびEURL / Microval認証(保留中)に準拠しています。CombiFoss™ 7の一部としてご利用いただけます。
詳しくはこちら

BactoScan FC+™

生乳中の細菌を9分間で分析

 

BactoScan FC+™ を使用すると、わずか数分で結果を提供できるため、酪農家や乳検査試験場は、生乳の品質を維持および向上させるための迅速な対応が可能になります。

詳しくはこちら
BactoScan FC Bacteria analysis in raw milk