MENU

ひき肉の分析

脂肪分を標準化することで、一貫した仕様目標を達成できます。その結果、無駄になる赤身肉を削減し、平均的な規模の食肉加工工場では少なくとも12万ユーロの節約につながる可能性があります。

分析対象工程

  • 原料のコントロール

    受入れ原料の品質保証により、以下を実現

    • サプライヤー管理
    • 食品の安全性を向上
  • プロセスのコントロール

    ミキサー内の脂肪含有量をコントロールし、仕様目標に近づける:

    • 赤身肉の無駄を削減
    • 最終製品の一貫性の向上
    • ブランド保護
  • 最終製品の品質管理

    最終製品の品質管理により、以下の事柄を実現

    • 仕様の検証
    • ブランド保護

インラインの脂肪分析により、Birchwood Foods社は最大の精度を達成。

2013年に新しいMeatMaster™IIをインストールしたBirchwood Foods社は、この装置を初めて導入した企業の1つでした。BirchwoodがMeatMaster™IIの新しい精度レベルを活用している実例をみる。

挽肉の生産でどのくらい節約ができるか。

潜在的なビジネス価値について、弊社のスペシャリストにご相談ください。 お問合せ

定期的な分析技術は、製品の品質維持には必須条件です。

屠殺から小売りに至るまで、ヨークシャーのDovecote Parkは食肉生産加工処理のあらゆる段階で、経験と分析技術を活用しています。
MeatMaster II packshot photo on the grey background

MeatMaster™ II

MeatMaster™IIで挽肉加工処理を100%管理

 

FOSS X線技術は、脂肪含有量、重量、または異物検出における比類のない精度を提供します。

詳しくはこちら

フードスキャン2 ミートアナライザー

肉および加工肉製品の迅速で正確で簡単な分析

 

フードスキャン2ミートアナライザーは、食肉及び食肉加工製品を迅速かつ高精度に測定可能な新たなグローバルスタンダード装置です。原料肉の検査から最終製品のコントロールまで、食肉製造過程の全ての工程でご利用頂けます。

 

詳しくはこちら

MeatScan™

ひき肉の脂肪分析。

Meatscan™は使いやすく、生産ラインのどこにでも配置でき、ひき肉サンプルの脂肪分を検査できます。

詳しくはこちら
MeatScan