MENU

安定した高い基準の魚介類品質分析

魚や甲殻類の脂肪分、油分、水分、タンパク質、塩分などを素早く検査することで、ブランド保護と効率的な加工を保証

鮮度、色、油分、脂肪、食感、栄養価、保水性など、魚介類の品質に関連するパラメータは数多くあります。しかし、魚介類の繊細な性質を考慮すると、品質には多くの潜在的なリスクがあります。金銭的利益を求めるための不正行為は、品質にさらなる脅威をもたらします。同時に、食品の品質と安全性の問題に対する消費者の関心も高まっています。

魚介類の品質分析における従来の分析手法には、さまざまな物理化学、質感、感覚、電気などの手法があります。これらの標準的な方法は重要ですが、高価で時間がかかり、ばらつきの影響を受けやすいとう課題もあります。一方、近赤外線(NIR)に基づいた分析ソリューションは、分析速度、最小限のサンプル調製、高い繰返し精度により人気が高まっています。NIR は、水分、脂肪、油分、塩分、pH などを含む複数のパラメータをわずか数分で提供できるため、素早く結果が欲しい検査室から、生産ラインでの直接分析まで、さまざまなアプリケーションに対応した汎用的なソリューションです。

魚介類の品質分析の利点には、最適な原材料の選定、脂肪含量の仕様との完全な一致、生産の効率性、最終製品の仕様と法令遵守によるブランド保護などがあります。

検査に更なる価値を

 

魚加工ライン

原材料の管理

入荷原料の品質保証により、以下を保証することができます。原材料の分類、効率的な原材料の使用、安全な最終製品、ブランド保護。

製造プロセスの制御

プロセス制御により以下を保証できます。目標品質、ブランド保護の確保、調整。

最終製品の品質管理

最終製品の品質管理により以下の事柄を保証できます。仕様準拠とブランド保護。

現場での魚介類品質分析

 

実績のある近赤外分析(NIR)技術に基づいた迅速で正確な使いやすい測定装置は、生肉および加工食肉の分析を含む魚介類の品質分析に最適です。

この機器は、生産環境で原材料から最終製品管理まで、魚介類加工のすべての段階で使用できます。FoodScan™ 2 フィッシュアナライザーはわずか 25 秒で正確な結果を提供します。NIR 分析装置のデモビデオをご覧ください。

 

 

迅速な脂肪分析で、ニシン、サバ、サケの最高品質を保証

 

NIR を使った迅速な魚介類の品質分析は、サーモン、ニシン、サバなど、脂肪分の多い魚類を処理する際の付加価値となります。

サーモンの加工では、脂肪率でサーモンの区分(異なる加工の場合)に使用したり、入荷時の確認に使用したりできます。加工前に油脂含有量を評価することは非常に重要です。油脂は、燻製条件に影響を与えるため、最適な製品保証するためには、安定した栄養価、味、食感の維持が必要です。

同様に、脂肪含有量はサバの品質にも非常に重要です。魚は春と初夏に最も脂肪分が多くなるため、その時期が最も価格が高くなります。一部の漁師は、サバをより高い価格で販売するために、その時期までサバを保管します。したがって、投入時に脂肪率をテストすることで、高価格時期に適した高脂肪率であるか確認できます。

高速 NIR 分析でニシンの脂肪含有量を保証
ニシンの脂肪含有量は、季節や魚の大きさによって約 10-12% から 22-24% までさまざまです。高脂肪率(22-24%)のニシンは、オランダなどの特定の国では高い需要があり、マーチェスハーリングとして販売され、脂肪含有量が低いニシンよりなり高い価格が付けられます。魚は陸揚げごとに大きさで分類され、分析して各サイズカテゴリーの脂肪分を判断します(3-4 サイズカテゴリー)。一般的に、脂肪含有量は大きさに応じて増加します。魚の脂肪は、皮を削ぐと減ることがあるため、分析は、皮付きまたは皮なしの切り身で行われます。

FoodScanTM 2 NIR アナライザーは、陸揚げ時のニシンの脂肪含有量を測定して、船積みニシンの品質を分類するために使われます。脂肪含有量は、加工品の塩水/漬け液比の計算にも使用されます。さらに、酢漬けニシンは、脂質含有量(最終顧客仕様を満たす証明書類)の他、塩分、酸度、pH また全固形分を分析します。

時間と労働力を節約しながら、品質目標を達成
NIR による迅速な分析は、それまで障害となっていた従来のラボ分析よりもはるかに高速かつシンプルです。繁忙期には、試験の需要が分析能力を超えることが多く、熟練したスタッフを雇うことはコストがかかります。迅速な近赤外分析(NIR)のもう一つの利点は、予測と結果の待ち時間を短縮できることです。また、生鮮魚は処理時間を短くしたい生鮮食品のため、時間短縮により製品の品質が向上します。

この短いガイドで、NIR 分析技術について詳しくご覧ください。

 

 

詳しくはこちら

 

マグロの缶詰の完璧な加工と梱包

 

水分とタンパク質の含有量は、マグロの加工における重要なパラメータです。水分を迅速に検査すると、マグロ肉の塩水吸収能力を予測するのに役立つため、品質と最適な利益を確保するために最適な方法です。吸収できる塩水の量が多いほど、製品の「固形量」は高くなります。

加工では、以下の分析が可能です。

• 陸揚げ時のサンプリングで含水量を確認する(マグロの鮮度に関する情報を提供する)
• 調理準備後のサンプリングでタンパク質含有量を確認し、加熱加工が最適であるかどうかを確認する(タンパク質と含水量が適正であれば、カット工程で魚肉の廃棄が減少します)
• 加工時: ヒスタミンと塩分の制御(ヒスタミン規制:エクアドル:50 ppm、米国:100 ppm)
• 宣言: 消費者向け缶/包装に関して法律で定義される一般的な栄養成分: 脂肪分、タンパク質、塩分/ナトリウム、炭水化物、飽和脂肪、食物繊維、コレステロール。

不正なホタテ浸漬のスクリーニング

 

ホタテは高価な甲殻類のため、ホタテを「浸す」ことで余分な水分を吸収させて、肉量を不正に調整される可能性があります。これにより重量が増加し、天然製品の品質が低下します。

それに対応するため、湿式化学分析に基づく試験方法が確立され、水分/タンパク質比がチェックされています。しかし、定期的なクイックチェックで、ホタテの浸漬をスクリーニング検査の必要がある場合、この試験では、時間と費用がかかります。

FoodScan 2 などの高速 NIR 機器を使用すると、多くのサンプルを迅速に検査し、時間とコストを節約しながら、安定した品質の製品を確実に提供することができます。

迅速な分析で水産加工を改善する方法について閲覧する

潜在的なビジネス価値について弊社の営業担当までお気軽にご相談ください。 ご相談ください