MENU

牛群改良を目指した分析による酪農場経済の改善

生乳の幅広いパラメーターを効率的にテストっすることで、高品質な生乳の生産量を高め健康で幸せで生産的な乳牛に不可欠な知力を与えます。

Raw milk testing

 

60年以上前に迅速な検査方法が開発されて以来、乳牛の生産性を向上させる大きな進化がありました。しかし、以下の改善により、さらなる前進が期待されます:

• 病気の管理
• 給餌戦略
• 生産性

それに応じて、乳検査試験場と乳牛群改良団体は、たとえば給餌戦略を調整する場合、関連性する、タイムリーで実用的な分析的知見を酪農家、アドバイザー、獣医に提供する必要があります。また、酪農場や乳牛群が大きくなるにつれて、乳検査センターはより多くのサンプルを効率的に処理し、運用コストを抑えながらより多くのデータを提供する必要があります。

生乳のマルチパラメータ分析は、酪農家が乳牛群から最大限の可能性を引き出すことを可能にする高度な洞察力を提供します。たとえば、尿素、種別体細胞、脂肪酸プロファイルなど、その他多くのパラメータの試験は、酪農家の最小コストでの高品質生乳生産量の最大化を促進し、酪農家の経済を改善するのに役立ちます。

酪農家が不要な獣医費用と乳牛の乳房炎罹患による乳量損失回避を可能にする支援

乳房炎は、個々の酪農家と酪農業界全体の両方にとって費用のかかる病気であり、不要な獣医費用、抗生物質、乳汁貯留、収量の低下、乳質の低下、乳価支払額の減少や罹患した乳牛の選抜除外などにつながります。しかし、乳房炎の多くの症例は回避することができます。体細胞数と体細胞の種別の両方を素早く試験することにより、乳房炎が収益性に影響を与える前に対処すべき必要情報を酪農家に提供します。

体細胞は、ほとんどが白血球(leukocytes)であり、感染を排除し、細菌による組織の損傷を修復します。 

酪農家にとって極めて重要なのは、明らかな臨床症例だけでなく、潜在的な臨床症例も把握することです。臨床的な乳房炎にかかった牛1頭に対して、15~40頭の潜在的な乳房炎があり、この潜在的な段階ですでにかなりの収量減が発生しています。体細胞数の定期的な検査により、個々の乳牛の成り行きを経時的に監視でき、体細胞数の変化に応じて農家にタイムリーな警告を与えることができます。

種別体細胞


総体細胞数の測定に加えて、種別体細胞測定の開発は、現代の生乳検査に新たな次元をもたらします。種別体細胞数測定により、乳房の実際の炎症状態をより詳細に把握できます。乳検査試験場は、酪農家が乳房炎をより効果的に管理し、病気の最悪の影響を回避するのに役立つように利用することができます。

同時に、新しい種別体細胞数の測定は、通常の DHI 検査手順に組み込まれた部分として、1 時間あたり最大 600 サンプルまで実行できます。

 

 

詳しくはこちら

 

尿素と脂肪酸のプロファイルの試験により、

給餌戦略が改善されます

 

尿素や脂肪酸プロファイルなどのテストパラメータは、給餌を最適化する機会が豊富にあることを示しているため、可能な限り低いコストで乳牛1頭あたりの生産量を最適化できます。

 

窒素汚染を最小限に抑えてタンパク質のバランスを適切に保つための尿素

 

牛乳に含まれる尿素含有量に関する情報は、栄養上の問題を特定し、飼料中のエネルギーとタンパク質のバランスを適切に保つ上で、酪農家にとって特に有益です。乳牛は、乳量を最大化するために適切なレベルのタンパク質を給餌する必要がありますが、乳牛の必要量を超えるタンパク質を給餌しても、乳量はそれ以上増加せず、農家にとっては追加費用になります。尿素は、脂肪やタンパク質と組み合わせて、エネルギーとタンパク質の適切なバランスが達成されているかどうかを示します。

 

給餌効率を高める脂肪酸プロファイル

 

生乳サンプル中の脂肪酸の主要グループを監視する機能は、サプライチェーンに投入される生乳の品質を改善するために FOSSによって最初に開発されました。今日、いわゆる脂肪酸プロファイリングは、個々の乳牛のサンプルで測定される給餌戦略にも非常に関連性が高くなっています。 

定期的に入手可能なDHIサンプルは、MilkoScan™ 7 RMなどの機器を使用して、既存の定期的な乳牛群の改善テストの一環として、脂肪酸プロファイル情報をテストできます。

ケトン症スクリーニングで生産性を向上

 

MilkoScan FT+ 乳サンプル

 

ケトン症は、酪農家にとって費用がかさむ可能性のある代謝性疾患です。生産乳量を1頭あたり年間500キログラム以上減少させるだけでなく、個々の乳牛の生殖と福祉に悪影響を及ぼす可能性があります。乳牛では、飼料からのエネルギー投入量に比べて、乳生産のためのエネルギー排出量が高すぎる場合に発生します。

MilkoScan™ 7 RM などの機器を使用した既存の日常的な乳製品の改善テストに基づくスクリーニングシステムで、乳牛群のケトン症を早期に警告することができます。これにより、給餌戦略を適切に調整し、乳牛群の生産性への最悪の影響を回避することができます。

定期的な乳牛群のスクリーニングでこのソリューションを実装する方法の詳細については、弊社までお問い合わせください。

効率的な運用により、コストを節約し、信頼できる乳牛群の改善分析に対する評判を高めることができます。

FOSSのサポートは、優れた分析は非常に安定した正確な分析装置から始まり、機器のメンテナンスとキャリブレーションのすべての側面にまで及びます。

標準化された装置、操作ソフトウェア、包括的な分析モデル

装置は、同じ装置間であれば、時間が経過しても同じ測定結果を得られるように標準化されています。セルフクリーニングピペットなどの設計機能により、最も難しいサンプルでも素早くかつ効率的に測定できます。

実績のある装置、ネットワーク、運用ソフトウェアを補完することで、装置管理が簡単になります。たとえば、自動サンプルトレースにより、処理エラーが回避され、推奨事項に従った機器の予防保守により、機器の最適なパフォーマンスが維持されます。

FOSS分析装置は、生乳検査分野での数十年にわたる活動で構築された独自の包括的なFOSSデータベースに基づくグローバル分析モデルとともに提供されます。非常に堅牢な分析モデルを開発して、品種、給餌、季節、地域など、測定の多くの次元をカバーすることができます。これにより、さまざまな試験の要求を満たすために必要な分析モデルの数が減ります。分析モデルは 1 つの機器から他の機器に簡単に転送でき、標準化により同一の測定値が得られます。

分析モデル管理のためのネットワークソフトウェア


FOSSソリューションの接続機能とサポートするネットワークソフトウェアにより、分析操作の管理が簡単で費用効果が高くなります。たとえば、検量線モデルの更新をマスター機器にインストールしてから、マウスボタンをクリックするだけで、さまざまな場所にあるすべての機器で共有できます。このようなアプローチにより、管理者は装置をリモートで監視および管理できます。また、オペレータも特定の知識やトレーニングが必要ないため、簡単にサンプル測定を実行できます。詳しくはこちら


FossManager 設定

 

 

詳しくはこちら

ガイド: 乳製品の持続可能な未来

ガイド: 乳製品の持続可能な未来

RMT 持続可能性のEブック

酪農業界では、温室効果ガス(GHG)排出量の削減と、より持続可能な酪農への移行に関心が高まっています。つまり、酪農家は環境への影響を最小限に抑えながら、より多くの高品質な牛乳を提供する必要に迫られているのです。 このガイドでは、酪農の持続可能性を向上させるために役立つ実践的な情報をご紹介します。

Eメールアドレス
会社名
役職
国コード
都道府県名

エラーが発生しました!

大変申し訳ありません。フォームを送信できませんでした。
 

RMT業界標準を設定

 

 

業界標準を設定

 

乳牛群を改善するためのFOSSソリューションは、国際的な業界標準に独自のレベルで準拠しています。

cows

脂肪酸プロファイル試験から得られる貴重な知見

生乳の脂肪酸組成(すなわち、脂肪酸プロファイル)を知ることは、乳製品の品質の向上、乳処理の最適化、および/または給餌と管理の改善による乳牛のパフォーマンスの最適化を目指す乳加工業者および乳生産者にとって貴重な情報です。 


最近の研究では、高処理能力を備えた FTIR 生乳分析装置のグローバル脂肪酸モデルの開発と、乳業においても利用可能なモデルの実用的化の可能性について記述しています。

 

著者の一人と、この Q & A で知見を得てください。 

 
知見を得る

お客様の事業における種別体細胞数の測定の価値について詳細情報を取得する

弊社のスペシャリストにお気軽にご相談ください。お客様の臨床検査サービスを乳牛群の改善に役立てる方法についてご相談ください。 ご相談ください