MENU

食肉および骨粉分析で資源を最大限に活用

食肉および骨粉のパラメータ(脂肪、水分、タンパク質、灰分など)を素早く分析することで、製造工程を迅速に管理できるようになります。

Rendering

持続可能な動物飼料と食料の供給源に世界的な需要が高まる中、レンダリング産業はサプライチェーンにおいて重要な役割を担っています。特に、飼料用の肉骨粉と食品および産業用の動物油脂は、レンダリングプロセスで非常に人気の高い 生産物です。同時に、レンダリングをリサイクルの観点から見ると、例えば、資源から最後の一滴を絞る、屠畜処理による二酸化炭素の放出を削減させるなど、前向きな可能性が見えてきます。

それでも、レンダリングの効率と利益に対する課題は変わりません。食肉および骨粉分析によるタンパク質の正確な測定は不可欠です。同様に、脂肪、水分、灰分などのパラメータも、最適な製造プロセスの確保に重要であり、また、厳しい業界規制に従った製品申告を行う上でも重要です。レンダリングプロセスは高温で行われ、資源は大量に消費されます。一旦開始すると、調整は容易ではありませんが、最終製品で特定の目標を求めるメーカーにとっては、生産ラインの俊敏性は必要です。

レンダリングミートの肉と骨粉の脂肪、水分、灰分、タンパク質などのパラメータを迅速に分析することで、生産プロセスの迅速な調整が可能になります。分析は、加工中及び最終製品に対して行うことができます。そうすることで、最終的な混合で適切なタンパク質含有量を達成し、加工の歩留まりを高め、ブランド認知が向上し、最終製品の品質と安定性の向上による売上増につながります。

検査に更なる価値を

 

 

レンダリング処理ライン

製造プロセスの制御

加工中に脂肪、タンパク質、水分、灰分をコントロールすることで、生産効率を確保し、ミール製品の価値を最適化し、ブランド保護を実現します。

最終製品の品質管理

最終製品の品質管理により以下の事柄を保証できます。製品の仕様準拠とブランド保護。

安定品質のミールと獣脂

 

頑丈、簡単操作、IP65 準拠で防塵防水構造の近赤外線(NIR)機器は、脂肪、タンパク質、水分、灰分などを製造過程でモニタリングします。例えば、食品に含まれるタンパク質が多すぎると、利益を失うリスクがあります。低すぎると、罰金、顧客の不満、規制当局からの警告などのリスクが生じます。しかし、これを適切に行うことで、最終製品の申告に正確に対応しながら、最大限の利益を得ることができます。

測定は、頑丈で使いやすい分析装置を生産ライン、検査室、または直接生産工程のインラインに設置し、どなたでも分析できます。 

インラインNIRでレンダリング処理材料からより多くのタンパク質を得る

レンダリング最終製品のタンパク質含有量は常に異なりますが、効果的な分離により、お客様のニーズに厳密に適合するようバッチを作成することができます。課題は、常に適切なやり方で、柔軟かつ迅速に行うことです。NIR 分析装置をプロセスに直接設置することで、数秒ごとにタンパク質を連続的かつ正確にコントロールできます。

ベンチトップからインラインへ
工場のラボにある近赤外分析装置は、レンダリング製品のタンパク質の良好な指標を与えることができます。ただし、検査数は、採取したサンプル数に限られています。さらに、レンダリングプロセスは高温で行われ、ラボ機器用に採取されたサンプルは多くの場合、約 90 〜 100 ℃です。これらをラボの NIR 機器でテストするには、最低 37 ℃までゆっくりと冷却する必要がありました。

ProFoss システム などのソリューションによるインライン NIR 分析は、現在製造プロセスに組み込まれています。例えば、貯蔵直前に最終製品を測定するために NIR センサを設置することができます。センサは、通過する製品材料を赤外線で測定できるように特別に設計されたガラスプレートインターフェイスを備えたパイプ内に設置されています。スキャンは継続的に行われ、結果はコンピューター画面に表示されます。

結果は連続的に確認できるため、オペレーターは顧客の注文に応じてさまざまなサイロで製品を保存する方法を決定できます。ProFoss はタンパク質に加えて、脂肪、水分、灰分も測定し、機械類を制御して最良の結果を得るための追加情報をオペレーターに提供します。

検査室の NIR 装置は、今でも製品の最終チェックに使用されており、ProFoss ソリューションが稼働する間、化学分析とProFossのインライン分析結果の良好な相関性を確認するためにも使用されています。

 

 

詳しくはこちら

 

信頼性が高く追跡可能な最終製品を分析して規制当局や顧客の期待に応える

 

 

重要な生産の最終段階で食肉および骨粉を分析することで、法的責任や潜在的に損害となる製品リコールを抑えることができます。そのほか、製品が仕様に適合しているという安心感を得ることができます。

この食肉および骨粉の分析の大部分は、NIR を使用した迅速なルーチン分析で行われますが、それが特定の製品基準に準拠しているか検証するため、公定法に準拠した化学分析方法が必要です。従来の化学分析機器が携わっている場合、安全で信頼性の高いソリューションに迅速かつ正確なリファレンス分析結果が供わります。迅速かつ安全、化学薬品の使用を最小限に抑え自動化を目指した化学分析装置ソリューションを幅広く取り揃えています。

パフォーマンス、稼働時間、データの透明性

 

FOSS ソリューションは、装置、ソフトウェア、接続性など、複数の技術分野で実現されています。この完全なソリューションアプローチは、装置の設置場所や使用者に関係なく、確実で安定した高い分析性能を発揮します。その他にも、結果の透明性とトレーサビリティ、および独自のレベルのサービスとサポートが提供されます。

スマート分析


お客様の日常業務に

 

当社の統合された遠隔操作と最適化サービスは、あなたが世界のどこにいても、すべてのFOSSソリューションから最大限の価値を得ることを可能にします。現場でのメンテナンスのみでなく、当社のサービスエンジニアとアプリケーションスペシャリストはオンラインで常にあなたを見守ります。パフォーマンス状況を監視し、その分析業務が円滑に行われるようにします。当社の保守メンテナンスは、データのアップタイムと品質をつねに保証します。詳しくはこちら

食肉および骨粉分析の価値を探る

食肉の分析から得られる即時情報が、ビジネスにどのような違いをもたらすかについて、弊社スペシャリストにお気軽にご相談ください。 ご相談ください
ProFoss 2 Butter

ProFoss™ 2

ProFoss™ 2 は、レンダリング工程での食品生産における脂肪、タンパク質、水分の含有量を測定するためにインラインに設置されます。

詳しくはこちら

NIRS™ DS3

食肉および骨粉、羽毛粉、食肉副産物などで優れた精度を提供します。

 

革新的なNIRS™ DS3 はユニークな分析性能と最新のソフトウェアやネットワークサービスを組み合わせ、信頼性の高い検査データをこれまで以上に簡単に入手できるようになりました。

 

レンダリング製品の品質を監視し、環境目的のために主要なパラメータを測定することができます。

詳しくはこちら
NIRS DS3 Product Picture
ProFoss 2 Butter

ProFoss™ 2

ProFoss™ 2 は、レンダリング工程での食品生産における脂肪、タンパク質、水分の含有量を測定するためにインラインに設置されます。

詳しくはこちら

パンフレットとデータシート