MENU

畜産飼料検査で利益を高める方法

日ごとの変動が大きくなり、マージンが厳しくなるにつれて、畜産飼料分析は利益と成長への道を提供します。

Animal Feed

 

常に変化する原材料を最大限に活用しながら、適切な栄養価を持つ適切な品質を提供する畜産飼料製造工程は、常に冷静で機敏な意思決定を必要としてきました。

 

それだけではありません。現代の極端な気象変動やサプライチェーンの混乱によって、畜産飼料製造工程はさらに予測不能になっています。 レシピの調整や代替原料を賢く使用するなど、原材料の有効活用は成功に欠かせない戦略の1つです。 一方、持続可能性に対する懸念から、生産プロセスの効率が注目されています。

 

最新の畜産飼料検査ソリューションは、ビジネスを成長させるために必要なデータを確実に得られるようにします。 原材料、加工中の製品、最終製品の一貫性の高い分析は、原材料を最大限に活用し、生産の利益性を高めることができます。 ソフトウェアとネットワーク技術の進歩は、製品がいつどこで生産されても、トレーサビリティを保証します。

情報は付加価値

 

 

畜産飼料の加工

荷受する原材料のチェック

適正価格を保証し、仕様外の材料を排除し、原材料を仕分けし、最適な生産のための飼料の配合を調整します

混合処理の制御

重要なパラメータを測定して、効率的な混合時間を確保し、タイムリーに再加工を決定するために原料投与の問題を特定し、要件を満たした製品であることを確認します

最終製品の品質を確保

ブランドを保護し、顧客のクレームを回避しながら、正しいラベリングと製品仕様で、最終製品のコンポジションが仕様を満たしていることを確認します

 

原材料を効果的に管理して収益増加

 

畜産飼料分析は、すべての受け入れを確認することができます。 検査は1分未満で完了するため、粗悪な原料を受け入れ段階で止めることができ、後工程で再加工が発生するリスクが減り、材料を最大限に活用することができます。

 

近赤外 (NIR) などの分析技術は、水分、繊維、その他のパラメータを同時に監視しながら、貴重なタンパク質や脂肪を厳しく制御するのに役立ちます。

 

新しいタンパク質源の可能性を探る

迅速かつ簡単に使用できる分析装置を使用した品質管理は、十分に実証されています。

 

しかし、原材料にばらつきがあり、興味深い新しいソースが開発されるのを待っているとき、近赤外線ソリューションを較正する必要があるため、製品性能が制限される可能性があります。 例えば、畜産飼料のタンパク質源として昆虫を使用することが一般的に考えられていますが、大豆と同等に効率的にテストされるでしょうか?

 

新しいタンパク質源に適応する畜産飼料分析

 

赤外線装置を使用した試料のテストでは、参照分析とサンプルタイプの両方からデータを収集して、サンプルの自然なばらつき(成長期や収穫条件など)を反映したキャリブレーションを構築する必要があります。 新しいタンパク原料が見つかった場合、これは重要な検量線作成作業を行う必要があることを意味します。

 

例えば、昆虫をタンパク質源として既存の分析装置でのテストを幅広く行うには、様々な昆虫を収集するための投資や、大勢の人員を割いて必要なデータプールを構築するリファレンス試験を行うなど、検量線開発の面で新たな課題を克服する必要があります。

 

また、新しいサンプルタイプが増えることで、測定も難しくなる可能性があります。例えば、収穫された昆虫は、実際の乾燥プロセスに移動する前に分解と自然乾燥が行われるため、測定されるパラメータの濃度が小さくなります。

 

新たな道を切り開く水産飼料

 

昆虫タンパク質を飼料生産の主流とするための作業はまだ明らかになっていないため、価格、利用しやすさ、認知度から、しばらくの間は大豆が主流のタンパク質源として使用されるでしょう。 その例外となるのは、水産飼料であり、その理由はいくつかあります。

 

その 1 つが法律の施行です。 2017 年 7 月、ヨーロッパで水産飼料への昆虫タンパク質の使用が認可されました。IPIFF によると、EU では養殖用に 5,000 トン以上の昆虫が生産されています。

 

栄養学的な観点から、大豆の抗栄養的側面は、いわゆるタンパク質分離物の開発を必要とする水産飼料の遍在するタンパク質源としての大豆の使用を複雑にしました。

 

昆虫は、利用可能な最も安い動物性タンパク質となる可能性があります。 さらに、世界的な人口の増加によって魚に対する需要が高まっているため、昆虫タンパク質は、現在魚粉に使用されている限りのある海洋資源に対する圧迫を緩和する期待が持たれています。

 

ネットワーク接続された NIR でキャリブレーションを管理

 

技術開発によって、畜産飼料分析装置の迅速かつ容易なキ検量線の土台を築くことができます。

 

FOSS NIR ソリューションとサポートネットワークソフトウェアの接続機能により、分析操作の管理をシンプルかつコスト効率良く行えるようになりました。 例えば、検量線の更新をマスター装置にインストールし、マウスボタンをクリックすると異なる場所にあるすべての装置で共有できます。 このようなアプローチにより、管理者は装置をリモートで監視および管理できます。また、オペレータも特定の知識やトレーニングが必要ないため、簡単にサンプル測定を実行できます。

 

詳しくはこちら

 

一度に最大 6 個のマイコトキシンの完全自動テストで汚染リスクを管理

 

添加結合剤の使用など、原材料の荷受、分離、プロセス調整に関する迅速な意思決定を行い、法的要件への準拠を確保します。

 

MycoFoss™ は、特別なスキルを必要としない全自動処理で人為的ミスを回避します。 粉砕したサンプルを置き、スタートを押すだけです。

 

データに簡単にアクセスして品質とコストを管理:

 

FossManager™ ネットワーキングソフトウェアを使用すると、MycoFoss™ ソリューションを穀物と飼料分析機器のネットワークに接続することができます。


すべての装置やサイトから分析データにアクセスし、組織全体で一貫した品質を確保

監視精度を高めることで、食品安全規制と標準的な運用手順の遵守を保証

バックアップおよび長期データストレージでデータを安全に保存

 

水分とタンパク質のインライン制御による利益

プロセス全体で畜産飼料の水分、脂肪、タンパク質などのパラメータを検査することで、即時かつ永続的な回収につながります。 生産中の製品構成をより正確にフォローするほど、後続のバッチでの再加工をより迅速に行うことができます。 生産の最後の段階で仕様に順守していることが重要です。

 

NIRS™ DS2500 分析装置などの卓上分析ソリューションは、主なプロセス制御パラメータを正確かつ迅速に測定する実績があります。 しかし、手動でサンプルを採取して装置に投入しなければならないため、利用可能なプロセスデータの量は制限されます。 FOSS ProFoss™ 2 のようないわゆるインラインソリューションを導入すれば、加工の過程で直接および連続的に測定を行えるため、状況が大きく変わります。 主要な制御パラメータをより厳密に監視できるため、ターゲットに対するより厳密な生産管理が可能になります。 同時に、結果の信頼性は、安定した卓上分析装置に対して簡単にチェックすることもできます。

 

インライン分析でペットフードの生産を合理化

 

ProFoss™ 2 をミキサーの中または直後に設置することで、タンパク質、脂肪、水分などの重要なパラメータを測定し、タイムリーな調整を行うことで、指定された最終製品の品質を達成することができます。

 

原材料の荷受時、ミキサーの中、またはミキサーの直後、乾燥機の後、最終製品の積込時にリアルタイムの結果を得ることができます。 この結果は、製品の安定性の向上、リワークの削減、省エネにつながります。

 

ProFoss 2 feed

 

詳しくはこちら

 

トレーサビリティに関する規制および顧客の期待に対応

 

生産の重要な最終段階で畜産飼料検査を行うことで、法的責任や潜在的に損害となる製品リコールを抑えることができます。 そればかりか、製品が仕様に適合しているという安心感を得ることができます。

 

飼料工場ではさまざまな用途で近赤外 (NIR) 分析が使用されています。たとえば、脂肪と水分を制御して、最終製品のかさ密度と物理的安定性を正確に実現できます。 これは、製品はそのままで、適切な表面と密度を保つために重要です。 水分レベルは、保存面でも重要です。

 

飼料検査の大半は、NIR による迅速なルーチン分析で実行できますが、特定の製品基準に準拠しているかどうかを検証するには認定された化学分析方法も必要です。 化学分析については、迅速かつ安全で、化学薬品の使用を最小限に抑えるための自動化を目指したソリューションを幅広く取り揃えています。

パフォーマンス、稼働時間、データの透明性

 

FOSS ソリューションは、計測、ソフトウェア、接続性など、複数の技術分野で実現されています。 この完全なソリューションアプローチは、装置の設置場所や使用者に関係なく、確実で安定した高い分析性能を発揮します。 その他にも、結果の透明性とトレーサビリティ、および独自のレベルのサービスとサポートが提供されます。

Network DS3 

日常業務に寄り添う

 

当社の統合された遠隔操作によるサポートと最適化サービスは、お客様が世界のどこにいても、すべてのFOSSソリューションから最大限の価値を引き出すことを可能にします。 現場でのメンテナンスのみでなく、当社のサービスエンジニアとアプリケーションスペシャリストはオンラインで常にあなたを見守ります。 パフォーマンス状況を監視し、接続された分析業務が円滑に行われるようにします。 当社の予防メンテナンスは、データのアップタイムと品質を毎日保証します。 詳しくはこちら

 

常に変化する原材料を最大限に活用しながら、適切な栄養価を持つ適切な品質を提供する畜産飼料製造工程は、常に冷静で機敏な意思決定を必要としてきました。

 

それだけではありません。現代の極端な気象変動やサプライチェーンの混乱によって、畜産飼料製造工程はさらに予測不能になっています。 レシピの調整や代替原料を賢く使用するなど、原材料の有効活用は成功に欠かせない戦略の1つです。 一方、持続可能性に対する懸念から、生産プロセスの効率が注目されています。

 

最新の畜産飼料検査ソリューションは、ビジネスを成長させるために必要なデータを確実に得られるようにします。 原材料、加工中の製品、最終製品の一貫性の高い分析は、原材料を最大限に活用し、生産の利益性を高めることができます。 ソフトウェアとネットワーク技術の進歩は、製品がいつどこで生産されても、トレーサビリティを保証します。

情報は付加価値

 

 

畜産飼料の加工

荷受する原材料のチェック

適正価格を保証し、仕様外の材料を排除し、原材料を仕分けし、最適な生産のための飼料の配合を調整します

混合処理の制御

重要なパラメータを測定して、効率的な混合時間を確保し、タイムリーに再加工を決定するために原料投与の問題を特定し、要件を満たした製品であることを確認します

最終製品の品質を確保

ブランドを保護し、顧客のクレームを回避しながら、正しいラベリングと製品仕様で、最終製品のコンポジションが仕様を満たしていることを確認します

 

原材料を効果的に管理して収益増加

 

畜産飼料分析は、すべての受け入れを確認することができます。 検査は1分未満で完了するため、粗悪な原料を受け入れ段階で止めることができ、後工程で再加工が発生するリスクが減り、材料を最大限に活用することができます。

 

近赤外 (NIR) などの分析技術は、水分、繊維、その他のパラメータを同時に監視しながら、貴重なタンパク質や脂肪を厳しく制御するのに役立ちます。

 

新しいタンパク質源の可能性を探る

迅速かつ簡単に使用できる分析装置を使用した品質管理は、十分に実証されています。

 

しかし、原材料にばらつきがあり、興味深い新しいソースが開発されるのを待っているとき、近赤外線ソリューションを較正する必要があるため、製品性能が制限される可能性があります。 例えば、畜産飼料のタンパク質源として昆虫を使用することが一般的に考えられていますが、大豆と同等に効率的にテストされるでしょうか?

 

新しいタンパク質源に適応する畜産飼料分析

 

赤外線装置を使用した試料のテストでは、参照分析とサンプルタイプの両方からデータを収集して、サンプルの自然なばらつき(成長期や収穫条件など)を反映したキャリブレーションを構築する必要があります。 新しいタンパク原料が見つかった場合、これは重要な検量線作成作業を行う必要があることを意味します。

 

例えば、昆虫をタンパク質源として既存の分析装置でのテストを幅広く行うには、様々な昆虫を収集するための投資や、大勢の人員を割いて必要なデータプールを構築するリファレンス試験を行うなど、検量線開発の面で新たな課題を克服する必要があります。

 

また、新しいサンプルタイプが増えることで、測定も難しくなる可能性があります。例えば、収穫された昆虫は、実際の乾燥プロセスに移動する前に分解と自然乾燥が行われるため、測定されるパラメータの濃度が小さくなります。

 

新たな道を切り開く水産飼料

 

昆虫タンパク質を飼料生産の主流とするための作業はまだ明らかになっていないため、価格、利用しやすさ、認知度から、しばらくの間は大豆が主流のタンパク質源として使用されるでしょう。 その例外となるのは、水産飼料であり、その理由はいくつかあります。

 

その 1 つが法律の施行です。 2017 年 7 月、ヨーロッパで水産飼料への昆虫タンパク質の使用が認可されました。IPIFF によると、EU では養殖用に 5,000 トン以上の昆虫が生産されています。

 

栄養学的な観点から、大豆の抗栄養的側面は、いわゆるタンパク質分離物の開発を必要とする水産飼料の遍在するタンパク質源としての大豆の使用を複雑にしました。

 

昆虫は、利用可能な最も安い動物性タンパク質となる可能性があります。 さらに、世界的な人口の増加によって魚に対する需要が高まっているため、昆虫タンパク質は、現在魚粉に使用されている限りのある海洋資源に対する圧迫を緩和する期待が持たれています。

 

ネットワーク接続された NIR でキャリブレーションを管理

 

技術開発によって、畜産飼料分析装置の迅速かつ容易なキ検量線の土台を築くことができます。

 

FOSS NIR ソリューションとサポートネットワークソフトウェアの接続機能により、分析操作の管理をシンプルかつコスト効率良く行えるようになりました。 例えば、検量線の更新をマスター装置にインストールし、マウスボタンをクリックすると異なる場所にあるすべての装置で共有できます。 このようなアプローチにより、管理者は装置をリモートで監視および管理できます。また、オペレータも特定の知識やトレーニングが必要ないため、簡単にサンプル測定を実行できます。

 

詳しくはこちら

 

一度に最大 6 個のマイコトキシンの完全自動テストで汚染リスクを管理

 

添加結合剤の使用など、原材料の荷受、分離、プロセス調整に関する迅速な意思決定を行い、法的要件への準拠を確保します。

 

MycoFoss™ は、特別なスキルを必要としない全自動処理で人為的ミスを回避します。 粉砕したサンプルを置き、スタートを押すだけです。

 

データに簡単にアクセスして品質とコストを管理:

 

FossManager™ ネットワーキングソフトウェアを使用すると、MycoFoss™ ソリューションを穀物と飼料分析機器のネットワークに接続することができます。


すべての装置やサイトから分析データにアクセスし、組織全体で一貫した品質を確保

監視精度を高めることで、食品安全規制と標準的な運用手順の遵守を保証

バックアップおよび長期データストレージでデータを安全に保存

 

水分とタンパク質のインライン制御による利益

プロセス全体で畜産飼料の水分、脂肪、タンパク質などのパラメータを検査することで、即時かつ永続的な回収につながります。 生産中の製品構成をより正確にフォローするほど、後続のバッチでの再加工をより迅速に行うことができます。 生産の最後の段階で仕様に順守していることが重要です。

 

NIRS™ DS2500 分析装置などの卓上分析ソリューションは、主なプロセス制御パラメータを正確かつ迅速に測定する実績があります。 しかし、手動でサンプルを採取して装置に投入しなければならないため、利用可能なプロセスデータの量は制限されます。 FOSS ProFoss™ 2 のようないわゆるインラインソリューションを導入すれば、加工の過程で直接および連続的に測定を行えるため、状況が大きく変わります。 主要な制御パラメータをより厳密に監視できるため、ターゲットに対するより厳密な生産管理が可能になります。 同時に、結果の信頼性は、安定した卓上分析装置に対して簡単にチェックすることもできます。

 

インライン分析でペットフードの生産を合理化

 

ProFoss™ 2 をミキサーの中または直後に設置することで、タンパク質、脂肪、水分などの重要なパラメータを測定し、タイムリーな調整を行うことで、指定された最終製品の品質を達成することができます。

 

原材料の荷受時、ミキサーの中、またはミキサーの直後、乾燥機の後、最終製品の積込時にリアルタイムの結果を得ることができます。 この結果は、製品の安定性の向上、リワークの削減、省エネにつながります。

 

ProFoss 2 feed

 

詳しくはこちら

 

トレーサビリティに関する規制および顧客の期待に対応

 

生産の重要な最終段階で畜産飼料検査を行うことで、法的責任や潜在的に損害となる製品リコールを抑えることができます。 そればかりか、製品が仕様に適合しているという安心感を得ることができます。

 

飼料工場ではさまざまな用途で近赤外 (NIR) 分析が使用されています。たとえば、脂肪と水分を制御して、最終製品のかさ密度と物理的安定性を正確に実現できます。 これは、製品はそのままで、適切な表面と密度を保つために重要です。 水分レベルは、保存面でも重要です。

 

飼料検査の大半は、NIR による迅速なルーチン分析で実行できますが、特定の製品基準に準拠しているかどうかを検証するには認定された化学分析方法も必要です。 化学分析については、迅速かつ安全で、化学薬品の使用を最小限に抑えるための自動化を目指したソリューションを幅広く取り揃えています。

パフォーマンス、稼働時間、データの透明性

 

FOSS ソリューションは、計測、ソフトウェア、接続性など、複数の技術分野で実現されています。 この完全なソリューションアプローチは、装置の設置場所や使用者に関係なく、確実で安定した高い分析性能を発揮します。 その他にも、結果の透明性とトレーサビリティ、および独自のレベルのサービスとサポートが提供されます。

Network DS3 

日常業務に寄り添う

 

当社の統合された遠隔操作によるサポートと最適化サービスは、お客様が世界のどこにいても、すべてのFOSSソリューションから最大限の価値を引き出すことを可能にします。 現場でのメンテナンスのみでなく、当社のサービスエンジニアとアプリケーションスペシャリストはオンラインで常にあなたを見守ります。 パフォーマンス状況を監視し、接続された分析業務が円滑に行われるようにします。 当社の予防メンテナンスは、データのアップタイムと品質を毎日保証します。 詳しくはこちら

品質基準を満たしながら、プロセスを改善して利益を上げる方法?

潜在的なビジネス価値について弊社の営業担当までお気軽にご相談ください。 ご相談ください
NIRS DS3 Product Picture

NIRS™ DS3 F

幅広い飼料や原料に対応する優れた精度。

 

革新的な NIRS™ DS3 はユニークな分析性能と最新のソフトウェアやネットワークサービスを組み合わせ、信頼性の高いテストデータをこれまで以上に簡単に入手できるようになりました。

 

入荷した原材料の品質を把握し、ミキサーでのブレンドを最適化し、最終製品の品質をチェックすることができます。

詳しくはこちら

ProFoss™ 2

正確なリアルタイム測定ができるインライン飼料分析

NIR を採用する ProFoss™ 2 インライン飼料ソリューションは、近赤外を使用し連続で畜産飼料分析測定を提供します。

詳しくはこちら
Profoss 2 for feed product picture on grey background
MycoFoss product picture

MycoFoss™

MycoFoss™ は、高速処理と自動化を組み合わせた初のマイコトキシン試験ソリューションです。 数分以内に最大 6 個のマイコトキシンを正確に分析します。 プロセスは全自動のため、特別なスキルは必要ありません。粉砕サンプルを置き、スタートを押すだけです。

詳しくはこちら

NIRS™ DA1650

農場の厳しい屋外環境に耐えるように設計された飼料およびフォレージ分析機。

NIRS™ DA1650 フィードアナライザーは、原材料および飼料のリアルタイムの品質管理に理想的です。

詳しくはこちら
MycoFoss product picture

MycoFoss™

MycoFoss™ は、高速処理と自動化を組み合わせた初のマイコトキシン試験ソリューションです。 数分以内に最大 6 個のマイコトキシンを正確に分析します。 プロセスは全自動のため、特別なスキルは必要ありません。粉砕サンプルを置き、スタートを押すだけです。

詳しくはこちら