MENU

MeatMaster™ II

MeatMaster™ II は優れた測定精度で、食肉製造管理においてかつてない分析ソリューションを提供する、最先端のインライン脂肪分析装置です。製造ラインに設置し、1時間あたり50トンの食肉を測定することができます。標準の測定項目には、脂肪含有量および重量測定、異物混入の検査が含まれます。

操作方法はこちら
Value Icon

価値

全ての生肉を100%スキャン。異物混入も検出可能。あらゆる種類の生肉や冷凍肉を分析。
Sample Icon

サンプルタイプ

あらゆる種類の生、チルドまたは冷凍肉、パッケージされた食肉およびコンベヤー上の精肉
Parameter Icon

測定成分

脂肪分、重量の測定、および異物検出(金属、骨)

一日に2500ユーロを節約

ユーザー固有の製品における利益と品質向上のための分析手法を無償で提供 見積をリクエスト お問合せ

機能

  • スマートフォン対応の高性能 MeatMaster™ II 

    スマートフォン対応の MeatMaster™ II なら、FOSS のサービス担当者からリモートでモニタリング情報を受信できます。 調整が必要な時に通知を受けたり、日次レポートで、機器のパフォーマンスや精度を毎日確認することができます。 
  • X線で100%コントロール

    最適な脂肪量のコントロールと高い食品安全性のため、スキャン領域を通過するコンベア上の生、チルドまたは冷凍精肉をX線が100%検査します。トレイ、箱またはコンベヤ上に広げられた精肉ををスキャンできます。
     
  • 改善された標準化ー品質と利益の向上

    標準化や製造の改善により、効率化とコスト削減を実現。

    カートンやパレット/コンボで赤身肉のムダを避ける
    パレット上の各カートン間のばらつきを低減するため、トリミング等級の価値を最適化
    脂肪に関する罰金やクレームのリスクを低減する
    最終製品の異物混入をスクリーニング
    異常時に使用可能なプロトコル(脂肪、重量、異物検出)を取得する
  • ハムの熟成プロセスの改善

    X線技術の採用で、豚バラ肉やハムなどのカット肉全体を客観的にランク付けし同一のカテゴリに分類できます。これは従来の目視検査では達成できません。脂肪分に基づいて等級付けや画像認識と組み合わせることもできます。

    この技術は、ベーコン、ハム製品製造業者、およびカット肉全般の食肉加工品製造業者などに有用です。

    新鮮なカット肉の供給業者は、納入する製品が仕様(脂肪含有量、  サイズ、幅、厚さ)の適合と異物が混入がないことを保証できます。 
     

  • 衛生・清掃

    IP X9K
    清掃分解:1〜2分
    清掃後の組立作業:1~2分
    クリーニングラックに全パーツとアクセサリーを保持
    EUとUSAの規格に準拠
     

「MeatMaster™ IIによるインラインX線分析は、食品の安全性を最適化し、牛肉トリミングの価値の向上に役立っています。」

牛肉トリミング最適化にDanish Crown社のMeatMaster™ II 使用例を見る。
その他のビデオ

革新的なソリューションで管理を簡便化

お客様との長期にわたる密接な協力関係から、ハイテク機器であっても簡単な清掃プロセスが必須であると認識しています。MeatMaster™IIはIP X9K認証を取得し、わずか数分で簡単に清掃できるように設計されています。

MeatMaster IIをご利用いただくとお客様の仕様に応じてブタのバラ肉を選別できます

MeatMaster II HKSCAN をご利用いただくとベーコン生産者はお客様の要求に応じてより正確にブタのバラ肉の脂肪含有量を選別することができます。MeatMaster X線分析装置は、バラ肉の脂質、重量、異物のすべてを検知します。データは自動選別ラインに送信され、完了したバッチのラベルは自動的に印刷されます。