MENU

酪農場での衛生的な品質のために生乳をスクリーニングする方法

BacSomatic - rapid hygiene testing of raw milk
30. 1, 2018
作成者: リチャード・ミルズ、rim@foss.dk
乳製品の迅速な衛生試験は、乳製品の生産者が長年願い続けてきたことでした。BacSomaticと呼ばれる新しいソリューションは、実際にこの願いをかなえることができるのでしょうか?明確な結論を得るためにデイリーファーマーズオブアメリカ(Dairy Farmers of America)で広範なフィールド試験が行われました。

乳加工工場で原料乳を受け入れる前に、乳の衛生的品質を検査することは当然に必要なことですが、簡単な作業ではありません。 

 

細菌を試験するための従来のペトリフィルム法は結果が出るまで約2日間かかり、その間、乳はすでに製造プロセスに入っています。直接鏡検法(DMC)および直接顕微鏡体細胞数法(DMSCC)には化学試薬の使用や目視での細胞数のカウントが必要とされるため、結果が主観的になり、オペレーター間の一貫性を望めません。  

BacSomaticは、フローサイトメトリーと呼ばれる技術を用いて細菌と体細胞数を同時に検査し、わずか10分で結果を出します。 

 

デイリーファーマーズオブアメリカの品質管理責任者であるジェームズ・ブラック氏は、この新しいソリューションを試験する機会について聞いたところ、画期的なソリューションだと思いました。 「このソリューションは細菌と体細胞を同時に検査する新しい方法を提供するため、試験の参加に強い関心がありました」と彼は語ります。「現在使用されているDMC法などの主観的な検査法に代わる新たな方法として大きな可能性を感じています。」

 

便利で使いやすい小型ユニットは、彼が所属している工場の比較的小さな試験室にとって最適です。 

BacSomatic

 

 

酪農生産に客観的な結果を提供
BacSomaticは主観的な検査よりも一貫性があるだけなく、細菌数と体細胞の両方の測定結果を10分以内に出します。これは従来のペトリフィルム法よりもはるかに迅速です。

 

これにより、製造担当者はタンカートラックが到着する際に配送された生乳を検査し、より安定した品質の原料乳を使用してより効率的に乳製品を生産できます。

 


「これは、大規模な乳業工場が配送される生乳を受け入れるか拒否するかを判断するための重要なツールです」とブラック氏は語ります。 

 

 

コロニー形成単位から個々の細菌数まで
BacSomaticは、数ヵ月間DFAの施設で試用されていました。この間に、結果がペトリフィルム法の測定や顕微鏡で行われた従来の測定方法とどのように一致するかを十分に確認できました。 

 

ブラック氏は定期的に確認し、新しい方法と古い方法の性能を比較して追跡しました。通常、従来の試験一回に対してBacSomaticの試験を25回実行しました。評価試験は公式的に行われたものではありませんが、数ヶ月にわたって行われた定期的な試験で、性能が明らかになりました。

 

BacSomaticによる測定値は、通常、手作業の測定値よりも高く、BacSomaticは個々の細菌数(IBC)に基づく測定を行うため、これは驚くべきことではありませんでした。手作業による測定または顕微鏡法は、コロニー形成単位(CFU)を測定します。 

 

また、個々の細菌数測定のアプローチにより迅速に結果を出すことができました。コロニー形成単位は2〜3日間に渡って増殖しますが、BacSomaticにはインキュベーションチャンバーがあり、測定のために乳を調製するのに約8分かかり、サンプル中の細菌レベルが信頼できる予測を出すのに十分な細菌が生成されます。インキュベーション工程後、個々の細菌の実際の検査にかかる時間は約1.5分です。同様に、体細胞数の測定も迅速で約2分半で完了します。 

 

大規模な生乳工場に最適
BacSomaticは高い精度と迅速な測定を提供し、酪農場から配送される生乳の最適な用途を決定するための優れたツールです。 また、毎日、非常に有意義な体験をできました。「この機器は楽しみながら使うことができました」とブラック氏は語ります。「Fossとのコラボレーションは素晴らしかったです。この機器は簡単に操作でき、メンテナンスも簡単です。弊社のオペレーターは、特別なトレーニングなしで機器を使い始められました。」

 

最後に、BacSomaticは乳製品業界の最新の乳製品衛生品質試験を一貫して行います。「DMC法のような主観的な検査を排除できるのは良いことです」と彼は語ります。」 

 

デイリーファーマーズオブアメリカ(Dairy Farmers of America)(DFA) は、48州で約8,000の酪農家が加盟し、酪農事業に専念している全米牛乳販売協同組合です。協同組合の中核事業は、会員の乳を販売し、競争力のある乳価を払い、価値を提供し、業界のリーダーになることです。

また、DFAは、乳製品、食品成分および原料の国内で最も多様化した製造業者の1つであり、貯蔵安定性の高い乳製品の製造および包装のリーダーでもあります。

 

背景: 
乳製品での従来のペトリフィルム法から迅速な機器を使用した試験までの道のり

およそ20年前、乳検査試験所は、フローサイトメトリーと呼ばれる技術に基づく測定方法を採用し始めました。この方法では、乳サンプル中の個々の細菌を測定します。今日、 FOSS BactoScan のようなフローサイトメトリー装置は、世界中の牛乳検査試験所で日々何千ものサンプルを処理しています。しかしながら、これらの大型の処理能力の高い機器は、酪農業者には高価で複雑でした。

 

そのため、大半の酪農業者は従来の手動の「プレートカウント」法(世界の多くの地域では「ペトリフィルム」を使用して実施されています)を続けて使用しています。半自動化された分析装置のソリューションは、はるかに迅速であることが証明されていますが、望ましくない化学試薬の煩雑な取り扱いが必要となります。

 

BacSomaticアナライザーは、生乳の衛生的品質を検査するための完全自動化された新しい方法を提供します。これは、大型の乳検査機器で使用されるフローサイトメトリー法を搭載した、全く新しい世界初のコンパクトな装置であり生乳受入現場などでの使用に最適です。

 

業界洞察

さらに読み込む