MENU

一貫性のある高価値成分で飼料の品質を向上

飼料成分分析で競争の激しい国際市場で収益とブランドのプレゼンスを確保

Feed Ingredients

 

原材料の品質が常に変動し、薄利化が進む産業において、高価値成分の重要性がますます高まっています。 しかし、こうした材料を最大限活用するには、微調整や着実な方法が必要です。

 

原材料の正確な配合は、貴重な原料コストを抑えつつ、定められた栄養成分を満たす上で欠かせません。 こうした状況でサプライチェーン全体に優れた効果を発揮するのが、アミノ酸やフィチン酸といったパラメータの飼料成分分析です。 

 

信頼できる分析性能は、原材料サプライヤーが約束された栄養性能を確実に満たすことを可能にします。 さらに、飼料原料や添加材料をスピーディに試験することで、試料の配合を微調整し、最適な栄養成分と生産コストの抑制を可能にします。 また、最新の近赤外線 (NIR) 分析ソリューションが持つ優れた接続性やソフトウェア的側面により、原材料サプライヤーや飼料メーカーの双方に円滑な分析作業を実現します。

情報が付加価値を追加する

 

加工材料

飼料添加物の製造

たとえば、アミノ酸やフィチン酸塩などの特定のパラメータの検量線を開発することにより、顧客の信用を高めるための独自のサービスを提供します。

飼料製造

サプライヤーとのオンライン接続や、アミノ酸やフィチンといった特定パラメータ用NIR検量線の活用により、貴重な飼料添加物を最大限に活用

同じ材料でメリットを拡大

 

NIR分析は、アミノ酸やフィチン酸といった特定パラメータの飼料成分試験に広く使用されています。 こうした試験結果と、タンパク質、脂肪、水分、食物繊維等、飼料素材用の一般的パラーメータに関する試験結果を融合させることで、収益と顧客満足度を向上させることができます。

 

これにより、製品が定められた栄養成分(それ以上でもそれ以下でもなく)を確実に満たすのに十分な飼料原料を使用して飼料製品を配合することができます。

 

一貫したハイパフォーマンスを提供する信頼の機器と、標準的なパラメータ検量機能により、確かな品質の成分結果が得られます。 全員が同じ高い精度のデータを使用して作業することで、飼料生産を微調整して、同じ原料と成分からより多くの飼料を効果的に得ることができます。

 

FOSS デジタルサービス

共通の高性能分析で飼料成分を最適活用

スピード、優れた利便性、低いオペレーションコストを兼ね備えた近赤外線 (NIR) 分析器は、設置場所に関わらず全ての機器で一貫した性能を実現します。

 

ネットワーキングオプションで飼料成分分析の一貫性を向上

 

従来の分析器を接続した環境では、それぞれの機器をマスターに照らして調整する必要があります。 対照的に、NIRS™ DS3をはじめとする最新ソリューションは標準化されたパフォーマンスを実現するため、インストールする分析器の数に関係なく、全てが同一の性能を発揮します。

 

標準化されたパフォーマンスに加え、最新のNIR分析器は高度なネットワーキング・ソフトウェア技術によりサポートされています。 これにより、飼料メーカーは分析器のモニタリングや操作がしやすくなり、貴重な生成データを十分に活用できます。 例えば、さまざまな原材料や飼料成分を用いる飼料製造において、検量線は多様なサンプルタイプやパラメータを把握するための重要な要素です。

 

飼料成分分析のための効果的な検量線管理

 

最新のネットワーキング機能を活用することで、検量線のアップデートをマスター分析器にインストールし、ワンクリックでさまざまな場所に設置されている全ての機器と共有することができます。 このようなアプローチにより、機器をリモートで監視および管理できます。また、オペレータも特定の知識やトレーニングが不要なため、簡単にサンプルを実行できます。

 

この設定は、複数のパートナーやサイトと連携するための最適な方法を提供します。 例えば、特定の検量線の使用を促すことで、全ての場所で特殊成分の最適な配合を確保することができます。

 

この他にも、ネットワーキングには以下のようなメリットがあります:

 

全ての機器・場所から分析データにアクセスできるため、組織全体で一貫した品質を実現

分析器の使用のモニタリングを改善することで、食品安全規制や操作手順を順守

データを保存・バックアップ

 

詳しくはこちら

 

飼料成分を効率的に開発・製造

 

市場の競争が激しくなる中、試料配合の微調整の一環として実施される、アミノ酸やフィチン酸といった飼料成分の確かな試験結果は、製品への信頼構築につながります。

 

飼料成分分析は、現在の複雑なサプライチェーンにおいて透明性や協働のための基盤にもなります。 信頼できる試験結果には、利用する成分の栄養成分から期待される利益が記載されています。 また、最新の近赤外線 (NIR) 分析技術が持つ接続性は、貴重な栄養情報を飼料生産者等と共有することで、より高価値の飼料製品や、さらには、動物のパフォーマンス向上にもつながります。

 

パフォーマンス、稼働時間、データの透明性

 

FOSS ソリューションは、計測、ソフトウェア、接続性など、複数の技術分野で実現されています。 この完全なソリューションアプローチは、装置の設置場所や使用者に関係なく、確実で安定した高い分析性能を発揮します。 その他にも、結果の透明性とトレーサビリティ、および独自のレベルのサービスとサポートが提供されます。

Network DS3 

日常業務に寄り添う

 

当社の統合された遠隔操作によるサポートと最適化サービスは、お客様が世界のどこにいても、すべてのFOSSソリューションから最大限の価値を引き出すことを可能にします。 現場でのメンテナンスのみでなく、当社のサービスエンジニアとアプリケーションスペシャリストはオンラインで常にあなたを見守ります。 パフォーマンス状況を監視し、接続された分析業務が円滑に行われるようにします。 当社の予防メンテナンスは、データのアップタイムと品質を毎日保証します。 詳しくはこちら

FOSSのネットワーク管理システムを使用して飼料の原材料の供給業者と容易に連携する方法についてお問い合わせください。

潜在的なビジネス価値について弊社の営業担当までお気軽にご相談ください。 ご相談ください

NIRS™ DA1650

農場の厳しい屋外環境に耐えるように設計された飼料およびフォレージ分析機。

NIRS™ DA1650 フィードアナライザーは、原材料および飼料のリアルタイムの品質管理に理想的です。

詳しくはこちら
Profoss 2 for feed product picture on grey background
NIRS DS3 Product Picture

NIRS™ DS3 F

幅広い飼料や原料で優れた精度を発揮。

 

革新的なNIRS™ DS3はユニークな分析性能と最新のソフトウェアやネットワークサービスを組み合わせ、信頼性の高いテストデータをこれまで以上に簡単に入手できるようになりました。

 

飼料成分の変動を監視し、 生産プロセスを最適化します。       

詳しくはこちら

FossManager™

FossManager™ によって、分析装置を場所や時間にとらわれずPCから直接管理することが可能です。 1 つのサイトまたは複数の場所で、1 台または複数の装置を構成し、パフォーマンスをモニタリングします。 装置をリモート管理することにより、いつでも、あらゆる場所からデータにアクセスし、バックアップを設定できます。 詳しくはこちら
FossManager