MENU

受託検査機関

今日のラボでは、製品の販売や使用する原材料を最適化のため、迅速で信頼性の高い検査結果が求められます。自動化、統一性、および校正された測定装置は、人的エラーによるバッチ間変動を避ける重要な要素です。 

検査の重点分野

  • 品質管理と生産管理

    正確かつ精密な結果から、生産目標を達成、要求仕様や業界基準に準拠できます。

    受入れ品を検査し、原材料の振り分けを決定 
    効率的で公定法に準拠した手法に基づく適格な測定
    最終製品の管理を行い、食品ラベルの表示を確実に

  • 製品の安全と認証

    今日の消費者は、食品の安全性、公正な価格取引、持続可能性に重点を置いています。
    FOSSのラボ向けソリューションは、製品の認証やブランドの強化に役立つデータを提供します。 

    受入れ原材料を検査し、サプライチェーンの不正を防止
    適正な生産基準を遵守
    早期段階で工程中の汚染物質を検出

「より少ない労力で、迅速により多くのサンプルを処理が可能になりました。」

ノルウェーのDenofa大豆粉砕工場は、全自動のKjeltec™を採用することで、より一貫した結果を取得し、たんぱく質含有量を増加することができました。

FOSS技術の利点について詳細情報

潜在的なビジネス価値について、弊社のスペシャリストにお気軽にご相談ください。 お問合せ