MENU

ソーセージの生産

Sausage production

脂肪分の標準化方法を0.5%改善することで、年間15万ユーロの利益を得られます。

分析対象工程

  • 原料のコントロール

    受入れ原料の品質保証により、以下を実現

    • サプライヤー管理
    • 食品の安全性を向上

  • プロセスのコントロール

    ミキサー内の脂肪含有量をコントロールし、仕様目標に近づける:

    • 赤身肉の無駄を削減
    • 最終製品の一貫性の向上
    • ブランド保護

  • 最終製品の品質管理

    最終製品の品質管理により、以下の事柄を実現

    • 仕様の検証
    • ブランド保護

ソーセージ製造で脂肪分を最適にコントロール

ボローニャのクライ協同組合は、ソーセージ製品の脂肪含有量を標準化するためMeatMaster X線分析装置を使用し、一貫した品質とより予測可能で費用効果の高い乾燥プロセスを可能にしています。 "脂肪含量の標準化はまた、乾燥工程の標準化も可能にし、重量減少を抑え、熟成段階の削減ができます」とくらい工場のマネージャー、Rudy Magnaniは報告します。

ソーセージ製造でどのくらい節約ができるか

潜在的なビジネス価値について、弊社のスペシャリストにお気軽にご相談ください。 お問合せ

ソーセージ生産で脂肪分を適切に制御

このアニメーションでは、ソーセージの生産を標準化するために使用されているMeatMaster™IIを見ることができます。
MeatMaster II packshot photo on the grey background

MeatMaster™ II

ソーセージ生産ラインで脂肪分を全て制御

 

FOSS X線技術は、脂肪含有量、重量、または異物検出における比類のない正確さを提供します。

詳しくはこちら

フードスキャン2 ミートアナライザー

肉および加工肉製品の迅速で正確で簡単な分析


フードスキャン2ミートアナライザーは、食肉及び食肉加工製品を迅速かつ高精度に測定可能な新たなグローバルスタンダード装置です。原料肉の検査から最終製品のコントロールまで、食肉製造過程の全ての工程でご利用頂けます。

詳しくはこちら

パンフレットとデータシート

業界洞察

記事とビデオ